トップ   主旨  イベント プロフィール 香りを知る  販売  リンク ブログ メール

 

メイン写真.林孝洋

林 孝洋 HAYASHI Takahiro

1958年、京都市生まれ。京都大学農学部農学科卒業。同大学院農学研究科修士課程修了。岡山大学農学部助手、京都大学大学院農学研究科准教授を経て、2009年より近畿大学農学部教授。専門は園芸学で、「花卉の良品・安定・多収・省力・低コスト栽培」がメインテーマ。現在は、植物・人間関係学研究室で、人の健康や豊かな暮らしのために、(1)植物工場、(2)園芸療法、(3)植物の機能性香気成分に関する研究を行っている。

 

リンク.近畿大学農学部植物人間関係学研究室ウェブサイト

 

 

2011.06.26.ご挨拶

 

 

○ 特別講座「香りを好きになる10のお話」   → こちら

サブ写真.林孝洋1


○ 近畿大学のアンフルラージュ研究    → こちら

  林先生の研究室で行っている実験を、少しだけご紹介。

サブ写真.林孝洋2


○ ブログ(当日の様子)    → こちら

 

 

参加者の声

――20代から70代まで、男性も含め、様々なジャンルの方にご参加いただきました。ご感想の中から、いくつかご紹介を。

 

「専門的なコトはムツカシイのかと思っていたのですが、今日意識が変わりました!とっても楽しくって、もっともっと知りたくなりました!!またしてほしいです!!」
(20代女性/会社員/京都市)

「とても興味深い内容でしたが、もっと深くシリーズ的に伺いたいです。アロマコロジーは是非続きをお願いします。楽しかったです。」
(50代女性/奈良市)

「初心者にもわかりやすく、参加しやすいワークショップでした。参加させていただき、よかったです。今まで接した事がない分野でしたが、きっかけを作っていただき、ありがとうございました。またいろいろ教えて下さい!」
(40代女性/人材派遣業/大阪市)

「とても楽しい会でした。興味深いお話が多く聞けて、あっという間でした。香りについて興味が出てきたので、またあれば参加したいです。香りと人に関するお話の続き、もっと聞きたいです。」
(30代女性/宝塚市)

「とっても良かったです。林先生の話術にすっかりひき込まれました。おもしろく、楽しく、為になる内容でした。大人のたしなみになりました。2回目の参加になりましたが、すっかりファンになりました。」
(20代女性/会社員/京都市)

「さらにひもといていきたいと思える内容でした!バラというと、少し高貴な印象ですが、少し身近な存在になったように思います。とはいえ、ぜいたくな、そして品のある時間を過ごすことができました。頭のよくなる話+作業という組み合わせは、とても人間を深めると思えました。自然な香りの魅力を知ることはとても大切だと思いました。指先がバラです。」
(40代女性/編集者/大阪府)


Copyright (C) Atelier Michaux All Rights Reserved