トップ  主旨  イベント プロフィール 香りを知る 販売  リンク ブログ メール

花から香りがあふれ出て、それを誰かが受けとめて、次の何かが生まれる瞬間。

今回のテーマは、「ラベンダー」。
細かく密集したこの小さな花から発せられる香りを、世界中の人が知っていること、そして広く利用しているということ、あらためて考えてみると驚くばかりです。シソ科ラバンデュラ属のこの植物は、今では分類が難しいほど多様になっています。

自然交雑しやすいものの品種改良を重ねられた経緯があり、それだけ人に必要とされていたことが窺えますが、その理由は何なのでしょうか。やはり、ラベンダー特有の香りなくしては、その答えを探ることはできないはず。


ラベンダーは肌にやさしく、心にもやさしく、疲れた体にもやさしい香りをもっています。これまでの歴史の中で、どれだけの人がこの香りに癒されてきたのでしょうか。その恩返しにと、世界各地にラベンダーを大切に守り育てている人たちがいます。南フランスのフロリハナ蒸留所では、野生種を含めた多品種のラベンダーを余すことなく丁寧に蒸留。兵庫県のラベンダーパーク多可からは、今まさに旬の香り高いラバンディン系ラベンダーが届きます。

1部では、フロリハナ蒸留所の5種類のラベンダー精油をご紹介しながら、体質やお好みに合ったオイルを作成していただきます。2部では、アンフルラージュ(詳しくはこちら)という方法で、ラベンダーパーク多可の無農薬ラベンダーの香りを集めます。この時期だけのラベンダーがもつ包容力ある香りを、ぜひ味わってみて下さい。

アンフルラージュとは → こちら
ブログ紹介記事 → 私が香りにこだわる理由 / N°2 Florihana フロリハナ

 

flow perfume. flow... N°4 Lavandula   前回開催 → N°1 / N°2 / N°3

講座日

2012 /7 /8 (日)

時 間

10. 00 - 12. 30
* すべて終了いたしました。

定 員

20名

参加費

5,000 ¥ (材料費+スイーツセット込み)
体質別オイル … ラベンダー精油など材料一式
アンフルラージュ … SHALEキット、無農薬ラベンダー
 ※ キットご持参の方は 4,000 ¥ (専用基材つき)
 flowing「Peche Plus」
 + 蓼科ハーバルノートのラベンダーティー
 ぷるぷるの白桃ムースにピスタチオのダックワーズ
 トマトとリュバーブの隠し味がアクセント
 ( 追加料金でドリンク変更可 )

内 容

1部
・ ラベンダーの香り成分がもつ効能のお話
・ フロリハナ蒸留所って?
・ ラベンダー精油を使った体質別オイル作り
2部
・ アンフルラージュと香りの抽出方法
・ ラベンダーのポマード制作(アンフルラージュ体験)
→ 講座終了後に、交流会を兼ねたティータイムをお楽しみいただけます。

講 師

鞍田 愛希子 ( Atelier Michaux )

会 場

flowing KARASUMA 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645

阪急烏丸駅 市営地下鉄烏丸線四条駅22番出口より 烏丸通り北へ徒歩4分

ご予約・お問合せ

Atelier Michaux
TEL + FAX 075-708-2069 / E-mail am@atelier-michaux.com
※ ご予約の際には、日程・参加人数・全員の氏名・当日ご連絡可能な携帯番号をお知らせ下さい。こちらからの返信は、2日以内に行っております。メール設定によっては、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられている場合がございますので、各自でご確認をお願いいたします。

Copyright (C) Atelier Michaux All Rights Reserved