トップ  主旨  イベント プロフィール 香りを知る 販売  リンク ブログ メール



1950年代、デンマーク。1人のお母さんが、毎日近所の子どもたちを集めて大好きな森へ遊びに行ったことから始まった「森のようちえん」。よほどの悪天候でない限り、雨の日も雪の日も、1日のほとんどを森の中で過ごす光景は、今やデンマークのみならず、世界各地でみられるようになってきました。 遊具など、あらかじめ用意されたものが何もない自然の空間で、子どもたちはどのように遊びを生み出し、友人でもある「森」との時間を過ごしているのでしょうか?



そんな、デンマーク・森のようちえんに一年間身を置いてこられた、skovlys(スコーリュース)代表・久木麻亜矢さんが、今回の語り手です。デンマーク語で、"skov"は「森」、"lys"は「ろうそく・光」。デンマークで過ごした中で、久木さんが一番印象に残っている、ろうそくのある暮らし、あたたかな灯りのもとで過ごす心地よい時間。そして、森にさし込む光や、木洩れ日に思いが込められたネーミングだそう。

日本に帰国し、森のようちえんを立ち上げるべく活動を始めた、久木さん。ご縁あってお話を伺ったのが、9月のこと。本当の実現には、まだまだ難しい課題がたくさん残るものの、揺るぎない決心の強さにいつの間にか引き込まれてしまいました。おそらく大人にとっても、どんな日も森へ出て子どもたちと時間を過ごし続けるのは、かなりの体力と忍耐が必要。しかし、子どもたちの嬉々とした写真からはどれも、ファインダーを覗く久木さんの満ち足りた様子が手にとるように伝わってくるのです。



外遊びにふさわしい場所、安全を確保できるシステム、受け入れる町の空気、協力をして下さる教育・保育の専門家、理解を示して下さるお父さんお母さん、そして何より、通ってくれる子どもたち。たくさんの協力者を増やしていくために、何からお手伝いすればいいのか。そう考えて、ミショーではまず「お話会」を開催することにしました。

日本でも、すでに森のようちえんは各地に存在しています。そんな中でも、久木さんが見てこられたデンマークの森遊びには、日本の幼児教育に取り入れられそうなヒントがあふれていました。デンマークの子どもたちや、彼らに寄り添う大人たち、町や森といった周辺環境について、広く知ってもらう機会を設けたいと思います。



手始めに、最初の仲間として、ご近所の壺沙(こしゃ)さんに声をかけました。いつもミショーのイベントで、おいしいお菓子やお弁当を作ってくれていますが、合同企画は初めて。オーナーのさよ子ちゃんは、二児の母でもあり、お店では親子向けのイベントや、子育てを楽しくする勉強会が多数開かれています。壺沙さんには、いつでも子どもの姿がいっぱい。相談者としては、頼もしい存在なのです。



というわけで今回は、午前と午後の二部制のお話会となります。

午前の部は、壺沙さんで。デンマークの森のようちえんにおける様々な事例を交えながら、のびやかに成長してゆく子どもたちについて、久木さんからお話を伺います。 ご両親や先生など、まわりの大人の子どもたちへの関わり方、働きかけは、日本のそれとどこが同じで、どこが違うのでしょうか。現在子育て中、もしくはこれから子育て予定の方々におすすめの、北欧における子育てのエッセンスが感じられる内容です。そしてもちろん、おいしいランチも「いただきます!」



続く午後の部は、会場変わってアトリエミショー。森で過ごす子どもたちの毎日の様子を、スライドでご覧いただきます。森のようちえんで育った子どもたちは、通常の幼稚園で育った子どもたちよりも、コミュニケーション力、集中力、想像力、自主性などが高いという研究結果があるそうです。

彼らの豊かな自然体験、またそれをより効果的なものとするための大人の振る舞いとは。日々姿を変えてゆく森での時間の過ごし方、自然と対話することの意義、子ども時代の原初体験の記憶について、日本と北欧の教育観、自然観の違いについて、久木さんに詳しく教わりながら、みんなで対話を深めていきましょう。 お話のあとは、壺沙さんのクリスマスケーキとミショーオリジナルハーブティーを。お土産には、すがすがしい森の香りのルームスプレー作りをお楽しみください。



当初の企画段階では、午前の部は親子の会、午後の部は大人の会にしようかと話していました。けれど、主役はやっぱり、子どもたち。どちらも、子ども参加大歓迎!に変更しました。森のようちえんをご存知の方もそうでない方も、親子連れもお一人様も、子どもも大人も、誰もが等しく「新たな森のようちえん」について語れる場になればと願っています。森の香り漂う会場でお待ちしていますので、どうぞお気軽にご参加ください。




デンマーク・森のようちえん 久木麻亜矢さんのお話会

講座日

2013 /12 /23 (祝)

時 間

14. 00 - 16. 30

定 員

12名
* 満席になりました。
  たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
  キャンセル待ちのみ受付中です。

参加費

4,500 ¥ (講習費、森のスプレー、壺沙さんのケーキ、ハーブティー込み)
* お子様のご同伴は無料ですが、ケーキセット・スプレーは、1組につき1点となります。追加ご希望の場合は、お申込み時にお知らせください。(別料金)

内 容

〜デンマーク・森のようちえんから教わったこと〜
【午後の部】
14.00 お話会「森のようちえんで育まれるもの/自然体験の記憶」
  (スライドを中心にしたみなさんとの対話)
15.30 久木さんを囲みながらティータイム
  (質疑応答)
16.00 森の香り・ワークショップ
  (木々の香りでルームスプレー作り)

講 師

久木 麻亜矢 Hisaki Maaya
skovlys代表。1981年生まれ。パリでの花屋修行に始まり、国内では老舗和紙屋、幼児教室、服飾店などを経て、とある雑誌で知った「森のようちえん」への想いが膨らみ、教育の道を歩むことを決める。2012年夏、発祥の地・デンマークへ赴き、1年間、研修生として通ったのち帰国。感銘を受けた現地での経験をもとに、日本で「森のようちえん」を開くため、現在準備を進めている。全国各地でのお話会のほか、デンマークの幼稚園への短期研修プログラム・視察ツアーも開催予定。”skovlys - 森に灯るろうそく”のように「子どもたちにとってあたたかく居心地のよい空間」を作ることをテーマに活動中。


鞍田 愛希子 ( Atelier Michaux ) ※ ワークショップのみ

会 場


アトリエミショー
 京都市北区紫野上門前町66


市バス「東高縄町」停より 西へ徒歩6分
市バス「大徳寺前」停より 北へ徒歩10分 → バス系統・時刻表
市営地下鉄烏丸線北大路駅1番出口より 西へ徒歩15分
※ 駐車場はございません。お車の方は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

ご予約・お問合せ

Atelier Michaux  E-mail am@atelier-michaux.com
※ ご予約の際には、参加人数・全員の氏名・当日ご連絡可能な携帯番号をお知らせ下さい。こちらからの返信は、2日以内に行っております。メール設定によっては、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられている場合がございますので、各自でご確認をお願いいたします。

同時開催

〜デンマーク・森のようちえんから教わったこと〜
【午前の部】
10.30 お話会「デンマーク・森のようちえんの1日」
  (森のようちえんの事例紹介・講演形式)
12.00 ランチタイム


会場:壺沙(ミショーの3軒隣) / 参加費:¥3,500(ランチ付) / 定員12名
ご予約:E-mail post@cosha.me(壺沙)
※ 両方ご参加希望の方も、午前の部は壺沙さんにご予約下さいませ。
● お子様のごはんについて(当日お申込可)
小さなお昼ごはん ¥600 / ご飯とスープのセット ¥350
【離乳食のお子様のお食事は各自ご持参下さい】


Copyright (C) Atelier Michaux All Rights Reserved